epi の十年千冊。

アクセスカウンタ

zoom RSS 16) 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』 佐々木俊尚

<<   作成日時 : 2006/07/06 17:42   >>

トラックバック 3 / コメント 0

画像



インターネットを使う上で今やGoogleは欠かせない。とくにグーグルニュースとグーグルマップ。衛星写真のマップを始めてみたときは驚いた。が、目的地を目指す実用面での使い勝手は悪かった。あんまりリアルすぎて見づらい。普通の地図のほうが迷わない。それともこれは慣れの問題だろうか。子供のときから衛星写真による地図を見慣れていればなんてことないのかもしれない。

Web.2.0の時代である。梅田望夫さんの『ウェブ進化論―本当の大変化はこれから始まる』(ちくま新書)はベストセラーで、これがまた滅法おもしろい。

『ウェブ進化論』ではGoogleの新しさと凄さが、これからの社会予想とともに書かれていた。オープンソースの例などは、糸井重里さんがインターネット的に書いていた「リンク」「シェア」「フラット」の要素と重なる。全体的に、未来予想図は楽観的に書かれていた。

一方で本書である。
著者はGoogleの革新の光の部分だけでなく影の部分も描きだす。
たとえば、羽田空港の駐車場経営の夫婦やめっき工場のエピソードはグーグルのキーワード広告をうまく利用してロングテールを拾ったという光の例。
他方、終章で述べられる中国政府の検閲や、アメリカ政府の圧力に屈して軍事機密の場所はマップから削除するなど(グーグルマップでは基地や演習場はズームできない)あまりに巨大な存在になってしまったがゆえに政治権力に利用されるという影の部分も。

突出した技術を持つ大学院生が作ったグーグルという企業は、技術志向であることによってある種の「無邪気さ」を前面に押し出すことができた。
しかしその無邪気さは、裏を返せばしたたかな権力構造の中で利用されやすいという欠点も持つ。
司祭となり、ネットの中で巨大権力となっていくグーグルが、アメリカ政府の権力補完のために使われないという保障は、どこにもないのだ。


「グーグル八分」に怯えるには実感としてまだ少々間がありそう。わたしにはそのことへの恐怖感はあまりない。それより身体性の面でちょっと気になったことがある。

第六章に「ライフログ」という言葉が登場する。自分のこれまでの記憶をデジタルデータとして保存する、デジタル日記とでも呼ぶべき記録なのだけれど、なにか違和感を覚える。

それがメモ程度のものならなんでもない。しかし、会った人の名刺、食べたものの写真、行った場所の動画、音声…そういったものを大量にパソコンのなかに記録しておくことで、メカがなければ通り過ぎ忘れられていくものを永久に残すことで、なにか人間の精神に変調をきたしたりはしないのだろうかと大袈裟かもしれない危惧の念を抱くのだ。

同時に、そこまでして記録しておくべき記憶とは何なのだろうとも思う。
おそらくそういう「ライフログ」なるものが近しいものになったころには、「忘れる」という人間本来の生物的能力への揺り戻しが起こるような気がする。
だって、ねえ。わたしなんて日々早く忘れたいことばかりだもん。「ライフログ」とは一生縁がないな。

これからの時代、インターネット無しの生活、社会はありえないのだから(田舎の農家のじいちゃんばあちゃんたちは、テレビで「詳しくはホームページで」というのを聞くたびどう思うのだろう。そういう本てないのかな)『ウェブ進化論』も本書も必読といえると思う。仕事でパソコンは使わないけど自宅でちょこちょこパソコン使うよという人たちこそぜひ。二冊セットで、『ウェブ進化論』のあと本書を読むといいかもしれない。

ネットの明るい可能性と、必ずしもそれだけでない負の部分と両方知ることができると思う。
(文春新書)

4166605011グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚
文藝春秋 2006-04

by G-Tools

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
 グーグル地図でパリの航空写真を見る方法
グーグル 地図 を利用して、地上の航空写真を見れます。 例えば、フランスのパリを見たい場合、和英辞典で、パリと引けば Paris と出ます。 ...続きを見る
おしえて!グーグル@使用法
2006/11/29 15:33
グーグル―Google:巨大企業考・・・
あの、ネットの巨大企業がそのまま題名になった本です。 「グーグル―Google... ...続きを見る
はてさてブックログ
2008/08/04 10:50
【アテンション経済の世界】グーグル 既存のビジネスを破壊する
著者は、Googleのビジネスモデルを「人からどれだけ注目(アテンション)されるか」に着目したものだと評する。 ...続きを見る
ぱふぅ家のサイバー小物
2009/02/02 19:47

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
16) 『グーグル Google 既存のビジネスを破壊する』 佐々木俊尚 epi の十年千冊。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる