epi の十年千冊。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『自省録』 マルクス・アウレーリウス

<<   作成日時 : 2007/02/05 20:35   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


今から約1800年前を生きた、あるローマ人の遺した言葉。
今月、改版されて岩波文庫から復刊するようです。講談社学術文庫にもあります。個人的には神谷美恵子氏の訳のほうが美しいと思いますが、鈴木照雄氏による解説はためになりました。

これ以上わたしに何が書けるでしょう。


あたかも一万年も生きるかのように行動するな。不可避のものが君の上にかかっている。生きているうちに、許されている間に、善き人たれ。
第四章 一七


間もなく君は死んでしまう。それなのに君はまだ単純でもなく、平静でもなく、外的な事柄によって害を受けまいかという疑惑から解放されてもおらず、あらゆる人にたいして善意をいだいているわけでもなく、知恵はただ正しい行動をなすにありと考えることもしていないのだ。
第四章 三七


つねに信条通り正しく行動するのに成功しなくとも胸を悪くしたり落胆したり厭になったりするな。失敗したらまたそれにもどって行け。そして大体において自分の行動が人間としてふさわしいものならそれで満足し、君が再びもどって行ってやろうとする事柄を愛せよ。
第五章 九


もっともよい復讐の方法は自分まで同じような行動をしないことだ。
第六章 六


未来のことで心を悩ますな。必要ならば君は今現在のことに用いているのと同じ理性をたずさえて未来のことに立ち向かうであろう。
第七章 八


行動においては杜撰になるな。会話においては混乱するな。思想においては迷うな。魂においてはまったく自己に集中してしまうこともなく、さりとて外に飛散してしまうこともないようにせよ。
第八章 五一


善い人間の在り方如何について論ずるのはもういい加減で切上げて善い人間になったらどうだ。
第十章 一六


ここで生きているとすれば、もうよく慣れていることだ。またよそへ行くとすれば、それは君のお望み通りだ。また死ぬとすれば、君の使命を終えたわけだ。以上のほかに何物もない。だから勇気を出せ。
第十章 ニニ



4003361016自省録
マルクス アウレーリウス Marcus Aurelius 神谷 美恵子
岩波書店 1956-01

by G-Tools


4061597493マルクス・アウレリウス「自省録」
M. アウレリウス 鈴木 照雄
講談社 2006-02-11

by G-Tools


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『自省録』 マルクス・アウレーリウス epi の十年千冊。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる