epi の十年千冊。

アクセスカウンタ

zoom RSS 川の光を求めて

<<   作成日時 : 2007/04/24 22:03   >>

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


昨日の記事の続きになるけれど今日の読売夕刊に「川の光」の連載を終えた松浦寿輝さんの文章が載っていた。作者自身が楽しんで書けたとあるのを読んで、読者である自分も嬉しい気持になれた。なぜだろう、作り手が自分の仕事を楽しんだという言葉にふれると、受け手のこちらまで楽しくなれるのは。写真の松浦さん、とても素敵な笑顔だった。

単行本は加筆修正されて、七月末に中央公論社から出るという。島津和子さんの絵も、どうかすべて載せてほしい。強く希望します。単行本『川の光』は詩で締めくくってほしい、とか勝手なことをあれこれ考えている。

人生は流れる川のようなものだという。
上流から下流へ、やがて海へとさらさら流れ、陽射しを受けてきらきら輝き、古いものがたえず新しいものへと変わり続けてとどまることのない川――。わたしという川も、あなたという川も、最後にはみんな、空の彼方まで果てしなく広がる青く深い海へと至り、混ざり合い、ひとつに融け合う――そうなのだろうか。そうなのかもしれない。違うかもしれない。

タータたちのように、わたしたちもみなそれぞれの「安住の地」を探す旅人なのだろう。それをもう見つけたひともいれば、まだ旅の途中のひともいるだろう。
わたしも。
わたしの安住の地も、まだ当分は見つかりそうもない。
けれど、いつかはきっとそこに辿り着けると願いつつ、今はただこの一言。

川の光を求めて!
(ちなみに、上の写真は川ではありませぬ。池なのです。「池の光」です)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
川の光(松浦寿輝)
読売新聞に連載されていた小説「川の光」(松浦寿輝)が 4月24日に完結しました。 (私の住んでる地域では読売新聞の夕刊が存在しないので 24日の朝刊に最終回が掲載されましたが、夕刊がある地域では 23日の夕刊に掲載されたようです。) ...続きを見る
避難場所
2007/05/01 02:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
川の光を求めて epi の十年千冊。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる