epi の十年千冊。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ソラリスの陽のもとに』 スタニスワフ・レム

<<   作成日時 : 2007/12/16 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 3

画像


ポーランドの作家レムによる、地球人と異性人との接触を扱った小説。この異性人は、赤い月と青い月が交互に照らす惑星ソラリスをすっぽりと覆う海のすがたをしている。人類はこの異性人を発見してから、長い年月をかけて接触を試みてきた。しかしソラリスは反応しない。異性人との交流を求めて遥か宇宙にまで飛び出した人類だったが、宇宙は人類の想像を越える不可解さに満ちていた。

物語は心理学者のケルビンがソラリス・ステーションに向かって出発するところから始まる。ステーションはソラリスを観測するための施設で、ここには三人の研究者が滞在しているはずだった。
だがステーションに到着したケルビンを待っていたのは、施設の荒廃と、三人いた研究者のうち一人は自殺し、一人は自室に閉じこもったまま出てこないという奇怪な事実だった。いったいこのステーションでかつて何が起き、今も起きているのか。少ない情報を集めて謎を解明しようとするケルビン。その彼の前に突如、もう何年も前に死んだはずの恋人ハリーが現れる。
このハリーは何者なのか。ケルビンは恐ろしくなる。騙してロケットの中に押し込み、偽者(?)の彼女を宇宙へと放出してしまう。しかし数日後、またしてもハリーは彼の前に姿を現わす。

やがてケルビンは、ハリーの出現はソラリスからの接触だということを知る。彼のみならず、ステーション内のほかの二人のもとにもソラリスからの<客>は来ているらしい。いまはいない研究者の自殺と<客>との間にも関係があったようだ。

ソラリスは人間の脳を直接覗くことのできる超高度な知性を有しており、人間の記憶のなかにあるもっとも強烈な人物イメージを具象化して接触してきていたのだ。だが何のために? その目的は? ケルビンは戸惑う。ソラリスと交流をもつことは決してできない。赤い月と青い月に照らされた海は静かに流動しながら、人間からの呼びかけに対して沈黙し続ける。その流れも凝視すれば、まるで肉体のひどくゆったりした痙攣のように見えてくる…。


異性人の登場する小説や映画はたくさんある。SFの多くにあるだろう。そこに描かれる異性人は人類とのいくつかの類似をもっており、ゆえに理解し合うこともさほど困難ではない。しかしソラリスは違う。ソラリスと人類との間にはまったく類似点がない(なんといっても相手は海の形態をした宇宙人なのだ)。類似点がなければ相互理解は困難をきわめる。
著者による解説的な文章が巻末の「訳者あとがき」に引かれている。
星と星の世界への道は、単に長くて困難なものであるだけでなく、さらに、それは、われわれの地球上の現実がもつ諸現象とは似ても似つかない無数の現象に満ちていると私は思う。宇宙は「銀河系の規模にまで拡大された地球」では決してないであろう。それは質的に新しいものである。

地球が宇宙のすべてではないのだということ。言葉の通じない外国人とはかる程度の難易度で異性人とコミュニケーションがとれるはずなど決してなく、そこにはわれわれ人類の想像など及びもつかぬ未知の世界が待っているだろうこと。この小説のもつ思弁性はそこにある。
ケルビンもまた、後半で述べる。
「われわれは……われわれはありふれた存在だ。われわれは宇宙の雑草だ。そして、自分らの平凡さが非常に広く通用することを誇りにし、その平凡さのうつわのなかに宇宙のすべてのものを収容できると思っている。そういう図式を信条にして、われわれは喜び勇んで遠い別の世界へ飛び立っていた。しかし、別の世界とはいったいなんだろう?」


見上げれば、遥かから瞬く星々をちりばめた無窮の夜空が広がっている。光が地球に届くまでに何光年もかかるため、現在はもう存在していない星もあるという。何とか星だの何とか座だのと人類は勝手に自分たちのものでもない星々に名をつけてきたけれど、この傑作小説を読んだあとではそんな人類の歴史が無邪気な児戯に等しく思えてくる。どうしたところで、宇宙は地球人のために存在しているのではないのだ。あんなにも美しい宇宙は、決して人類におかされない。そう思うと不思議と心が安らぐ。人類の無力さと小ささに、胸が静かになる。そういう思いに誘ってくれる小説が、好きだ。

(なお、わたしが読んだのは飯田規和さんによる旧訳版ですが、国書刊行会より沼野充義さんによる新訳も出ています。旧訳がロシア語からの重訳だったのに対して、新訳はポーランド語からの直接訳で、また削除されていた箇所も付け加わっているそうです)


4150102376ソラリスの陽のもとに (ハヤカワ文庫 SF 237)
スタニスワフ・レム 飯田 規和
早川書房 1977-04

by G-Tools



4336045011ソラリス (スタニスワフ・レム コレクション)
スタニスワフ レム Stanislaw Lem 沼野 充義
国書刊行会 2004-09

by G-Tools



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
スタニスワフ・レム ソラリス
すみれ色のもやに覆われた惑星ソラリスの海。この海はひとつの生命体で、巨大な脳である。数世紀にわたり人類はこの「海」を調査してきたが、わかったことは人類には「海」が理解で... ...続きを見る
P&M Blog
2007/12/17 00:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
この作品が魅力的なのは、異星の文明が地球のものと全く違うものだったらどうだろうかという発想から書き始められた物語が、作者の意図を超えて人間の心の中の問題に踏み込んでしまったという点だと思います。
SFとしても、恋愛小説としても、またスリラーとしてもレベルの高い作品だと思います。
新訳も読みましたが、私はこの飯田訳の方が文学的で好きですね。
piaa
URL
2007/12/17 00:59
>piaaさん

「作者の意図を超えて」、そうですね。この小説はソラリスの海のように読者それぞれの鏡像となって多様な読みを受け入れる懐の深さがありますね。ケルビンとハリーの愛はリリカルで胸を打たれます。
前半は恐怖小説、中盤以降は恋愛小説、全編を通じてはハード(思弁的?)SFと、なんとも贅沢な小説ですよね。

>飯田訳の方が文学的で好きですね。

新訳のほうもちょっと覗いてみたのですが、翻訳はどちらも読みやすそうだし、追加部分もソラリス学の箇所のみらしいので旧訳を選びました。タイトルも(意訳とはいえ)こちらのほうが詩的ですし。

タルコフスキーの映画版(寝てしまいました…)の印象から原作は難解かと思っていましたが、それほど難しくもなかったので嬉しかったです^^
epi
2007/12/17 01:27
先日、脳科学者の茂木健一郎さんの著書「生きて死ぬ私」を読み、この本が紹介されていたので興味があり、検索していたら、epiさんのサイトに辿りつきました。この本、映画化もされているそうで、今晩ケーブルテレビのオプションチャンネルで放送されるので観てみようと思います。
ソラリス著者の「訳者あとがき」載せてくれてありがとうございました。
本も後日読んでみたいと思います。
Lei
2008/10/28 11:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ソラリスの陽のもとに』 スタニスワフ・レム epi の十年千冊。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる