epi の十年千冊。

アクセスカウンタ

zoom RSS 『鹿と少年』 ローリングズ

<<   作成日時 : 2008/07/05 00:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

骨の髄まで打ちのめされた。紛れもない傑作。

フロリダの開拓地で貧しく厳しい暮らしを送っているバクスター家の一人息子である12歳のジョディは父親とともに狩猟や開墾をして日を送っていた。遊びたい盛りゆえときどき労働を怠けてしまうことがあり、そのたびにいつも不機嫌な母親に叱られたりもするけれど、優しくて頼もしい父親はいつでもジョディの味方だった。

自然のなかで生きるのはたやすくない。狩猟にせよ、畑仕事にせよ、水汲みにせよ、薪割りにせよ。それら労働のすべてがそのまま暮らしに直結しているのだ。しかも自然は気まぐれで情け容赦ない。飢えた獣が家畜を襲うこともある。ハリケーンで土地を滅茶苦茶にされることもある。猟に出ても獲物に会わないこともある。それでも一家は生きていかなくてはならない。

娯楽などと無縁の暮らしを送っているジョディはまた、心の奥に漠とした寂しさを感じている。隣家に一人だけの友人がいるにはいるが、奥地で暮らしているバクスター家とその家とは6キロも離れている。隣家というのに躊躇われる距離だ。その友人も病気であっけなく死んでしまう。寂しさを抱えたジョディはある日、森のなかで生まれて間もない仔鹿と出会う。人間が食っていくのもやっとの状況ではあるが、父親はジョディに仔鹿を飼ってもよいと許可する。有頂天になって、少年はありったけの愛情を注いでフラッグと名づけた仔鹿を育てる。餌を与え、散歩に連れ出し、駆け回って遊び、寝るときは一緒のベッドで。

だが幸福な日々は長くは続かない。ジョディが成長すればフラッグも成長し、仔鹿だったころには大人しかったのが、だんだんと野性を取り戻していく。次第に可愛いだけのペットではなくなっていく。家のなかに入ってきて食べものを盛った皿をひっくり返す。父親とジョディが一所懸命に作物を植えた畑を荒らしてしまう。
ジョディにとってフラッグは家族の一員だ。しかし両親にとっては違う。優しい父親は知恵を絞り、なんとかフラッグの悪戯を回避できるように手を打つものの効果はない。そして苦渋の末、ついに過酷な決断をジョディに迫る…。

バクスター一家は厳しい土地で、自然を相手に戦い、生活を送ってきた。それは文字通り戦いだった。家畜を襲う狼の群れや、獰猛で老獪な巨熊が相手の。思い通りにならない天候が相手の。一家の貴重な食料である作物を荒らすフラッグはもはや排除せねばならない存在になってしまった。だから父親はジョディに命じたのだ。フラッグを殺せ、と。

自分のなかにある寂しさを埋めてくれるこの上なくいとしい存在、限りない愛情を注いできた存在を自らの手で殺すことなどできるわけがない。ジョディは拒む。だが、最後には銃の引き金を引かねばならなかった。誰よりも愛していたのに。フラッグは「なぜ?」と問うような目をして死んでいく。フラッグが悪いわけではなかった。野性の鹿は畑にトウモロコシの芽があれば食べるに決まっている、それがバクスター家のものであるとないとに関わらず。けれどその理屈は通らない。そういう世界ではないのだ。

ジョディがフラッグの息の根を止めるために引き金を引いた手、その手は、一年前に、まだ生まれたばかりだったフラッグを抱き上げたのと同じ手だった。


いのちはいのちを喰らって生きている。すべてのいのちは食うものがなければ飢え死ぬ。そのことのうちにあるかなしみ。ローリングズは実に見事に、この生きるかなしみを描く。このかなしみを描いているから、こんなにも読んだ者の胸を熱くするのだ。
ジョディは父親にこういったことがある。
「殺さずに肉がとれたらいいのに」。どんな獰猛な獣が相手でも、殺されるのを見ると憐みの感情が湧いてくる。畑を荒らす憎い敵であったとしても、銃で撃たれて倒れたところを猟犬にのどぶえを食いちぎられ、人間のように断末魔の声を出して死んでいくのを見るのは気分のいいものではない。
しかし息子の言葉に父親ははっきりとこう答えるだろう。
「だが、おれたちも食わにゃならん」。
これがすべてだ。世界はやさしくはない。ジョディがフラッグを殺さねばならなくなるのも、結局は人間が食うためなのだ。そしてこの過酷さにふれて、少年は少年でなくなる。
父親は小説の最後で、もはや少年ではなくなった息子にこう語る。
「だれだって、人生がいいものであってほしいと思うし、楽に生きたいと思う。たしかに、人生はいいものだ。すごくいいものだ。だが、楽ではない。人生は人間をぶちのめす。立ち上がると、またぶちのめす(後略)」



本作は本邦でながらく『仔鹿(小鹿)物語』として親しまれてきた。が、これは誤訳というか意訳というか正しい翻訳ではなくて、原題The Yearlingは訳者によると「動物の満一歳を過ぎたものをさす言葉」であるという。つまりこのタイトルの言葉は子どもから大人への移行という意味も含んでいる。原題は、小説の主人公である「少年」と「鹿」が一年をともに過ごし、それぞれ成長していく過程を描いたこの小説にぴったりの言葉が用いられていたのだ。児童文学として受容されてきた本作だが、実際に読むと児童文学の枠に収まりきらないスケールに圧倒される。個人的には、これまでに読んだ古典新訳文庫のシリーズ中で最大の衝撃を受けた。訳者もまた「あとがき」で「読後しばらく物語の世界に心を奪われたような呆然とした時期を過ごした」と書いている。頷ける。

言葉が紡ぐ物語というやつに圧倒されるのが好きな人は読んだらいいと思う。
巻末の解説はこの小説を理解するうえで必須の内容となっている(ただし読了後少し落ち着いてから読むことをおすすめします)。
それにしても翻訳は素晴らしい。なんというリーダビリティの高さ。なんという声に出して読みたくなる翻訳文。28章の傷ついた狼の挿話や、本編最後の一節などは溜め息をつかずには読めない。土屋京子氏の翻訳で『鹿と少年』が読めた幸運に感謝したい。



4334751539鹿と少年(上) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-1)
土屋京子
光文社 2008-04-10

by G-Tools



4334751547鹿と少年(下) (光文社古典新訳文庫 Aロ 3-2)
土屋京子
光文社 2008-04-10

by G-Tools





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
鹿と少年
7/19に東京で行われる“ジョディと子鹿のフラッグと”の初の生演奏公演を控えて人形劇団むすび座とともに一昨日からまた名古屋にいる。 正確&... ...続きを見る
セロ弾きのゴーシュ,どんぐりと山猫,注文...
2008/07/16 10:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
たまたま、この作品を人形劇にしている劇団から作曲を依頼された関係でネットで検索していてたどり着きました。

まだ僕はこの訳を読んでいないので近々読もうと思っています。

引用されている最後の方の父親の台詞は僕も印象深く思っています。
自分のブログからトラックバックもさせていただきましたことをご報告いたします。
白石准
URL
2008/07/16 10:21
>白石准さま

はじめまして。お返事が遅くなりましてすみません。
児童文学として受容されてきましたが、実際にはそんな括りを越えた巨大な文学作品でした。作中の父親の台詞は感動的です。そしてこの感動は名言集の類ではなく、長い物語の果てに読むからこそ得られるものでした。

epi
2008/07/19 19:12
epiさん、ひさしぶりにコメントさせていただきます。
昔、手塚治虫の漫画でこれとそっくりな内容の作品を読んだことがあります。物語の構造としては、セオリー通りといえるような気がします。ただ、この解説を読んでみて、実際に手にとってみようと思いました。
切ないんですよね。こどもの頃の動物との出会いや別れというのは、結構普遍的な体験のような気がします。「死」という事実と向き合って、初めてひとは人間に育っていくと思います。コンピューターゲームがお友達の現代のこどもたちには分からないかな。
この世界がいかに素晴らしいかは、よほどの体験を、《生まれ変わる》ほどの体験をしないと実感できないのかもしれませんね。
その体験の代わりとなってくれるのが、優れた文学作品の読書であってほしいものです。。。
Mr.マクベ
2008/07/20 22:55
>Mr.マクベさん

おひさしぶりです。お返事が遅くなりましてすみません。
この小説が感動的なのは単に少年が愛する者の死を経験するというレベルを越え、自らの手で殺さなければならないという究極の悲劇的展開にあると思います。仔鹿を殺さねば自分たちが飢え死ぬ。自分たちのいのちを保つために愛するものを殺さねばならない。意志の疎通ができない動物は死の間際に「なぜ?」と問うような目をして死んでいくのですが、少年はこの目を一生忘れることはできないでしょう。少年と同じように読者もまたきっと。


epi
2008/07/26 13:39
私が子供の頃、小鹿物語と言う児童向けの本がありましたが,何故か内容が想像できて、読まずに過ごしてきました。そして大人になって、昔の映画グレゴリーペック主演の「小鹿物語」を見た時感動で涙が止まりませんでした。
この本はこんなに良い本だったのかと・・・・
でも未だに原作は読んでいません。
これから読んでみようと思いました。
のんびり猫
2008/08/30 18:10
>のんびり猫さん

はじめまして。
映画の『小鹿物語』は名前しか知りません。父と子の絆、少年と小鹿とのふれあいを描いた名作のようですね。この本の解説で指摘されているのですが、映画は原作の一部しか表現していないそうです。また原作では父親はペックとは似ても似つかぬ小柄な男です。母親も然り。監督は映画化に際して原作をかなり改変したようです。

わたしは映画のほうも見たいと思っています。のんびり猫さんも、気が向きましたらどうぞ原作をお読みになってください。
epi
2008/08/30 18:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『鹿と少年』 ローリングズ epi の十年千冊。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる