テーマ:海外文学

『詩という仕事について』 ボルヘス

詩の探求。 1960年代末にハーバード大学で行われたボルヘスの詩学講義。テーマは「詩という謎」「隠喩」「物語り」「言葉の調べと翻訳」「思考と詩」「詩人の信条」。彼が詩について語るとき、書かれた詩(文学ジャンルとしての詩)を指しているのか、それが喚起する情緒(ポエジー)を指しているのかを注意しないと混乱する。 はじまってすぐに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『七人の使者・神を見た犬 他十三篇』 ブッツァーティ

何処から、何処へ。 作者による『タタール人の砂漠』は、人の一生の寓話だった。自分の人生にはきっと何か特別なことが起きるだろう、そう未来に期待していた若者にはしかし彼が望むような出来事は起きず、待機のうちに時間は徒に過ぎていき、ようやく願い叶ったときには彼は老いて死の床に就いている。時の流れの残酷さ。期待や希望という、人が生きるうえ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『シルトの岸辺』 ジュリアン・グラック

時の岸辺。 架空の国オルセンナ。昔は異教徒を武力で平らげ、東方貿易によって途方もない利益をあげて栄えた商業国だが、いまはかつての栄光も衰え、その陰に生きているような黄昏の時代にある。語り手の青年アルドーは日々の倦怠に飽き、領土の際涯(さいはて)にあるシルトの地に軍人として赴任する。シルトは国境に位置し、海を距てた向こう岸にはファル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ロクス・ソルス』 レーモン・ルーセル

独身者の機械。 四月のある日。友人の科学者マルシャル・カントレルに招待されて、語り手はパリ郊外モンモランシーにある広大な別荘を訪問し、いわくつきの珍奇な遺物や奇想に満ちた発明品の数々を見学する。 全体を通しての筋は以上で、読者は語り手とともに、カントレル博士が見せてくれる数々の品々にまつわる挿話の珍妙さを楽しめばいい。アフリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『谷間の百合』 バルザック

愛の渇き。 貴族の家に生まれたフェリックスはなぜゆえにか両親から疎まれ兄姉から蔑まれて成長する。子供ゆえの無邪気さは悪意と誤解され、寄宿学校に進めば手紙一通もらえず小遣いも与えられない。いい成績をとったので表彰されることになり、その旨を伝える手紙を出しても返事はこず、結局両親は表彰式の当日姿を見せない。そんなつらい身の上のフェリッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『地図と領土』 ミシェル・ウエルベック

希望か、絶望か。 ジェド・マルタンは芸術家で、工業製品やミシュランの地図を写真撮影したのち油彩画に転じ、様々な職業の人たちの肖像を描いている。彼の作品はどれも独創的かつ美しく、超高額で取引された。もっともジェド自身は金銭欲は強くなく、すでに一生かけても使いきれないほどの莫大な財産をもっていながらひっそりと暮らしている。彼には友人と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『制作』 エミール・ゾラ

知られざる傑作。 『居酒屋』の主人公ジェルヴェーズの長男クロードは、幼児のころ、絵画を愛好するある老人に画才を認められて彼の養子になり、老人の死後は遺産を頼りにパリに出て画家としての修業を本格的にはじめる。しかし、高名な画家のアトリエに通って教えを乞うても、クロードには彼らの技法が飽き足らない。絵画の至上命題は、画家の胸中にあるも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『居酒屋』 ゾラ

どん底。 19世紀のパリ。屠殺場と病院に挟まれた陰鬱な通りの一角で、洗濯女のジェルヴェーズは(内縁の?)夫ランチエと二人の男の子の四人で暮らしている。鎧戸は腐り、ガラスにはひびが入っている貧しい借り部屋暮らし。ランチエは仕事をせず女と遊びほうけ、ジェルヴェーズ一人の稼ぎでは一家四人が暮らしていくのがやっとだった。ある日突然ランチエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ドルジェル伯の舞踏会』 ラディゲ

糸。 ドルジェル伯爵の若き夫人マオは「時代おくれ」なほど貞淑な女で、夫以外の男との恋愛など考えたこともない。ある日、彼女は夫とともに出かけたサーカスで青年フランソワと知り合う。ドルジェル伯はこの青年を気に入り、夫が気に入ったのなら自分も好きにならなくてはいけないと思うほどに彼に従順で健気なマオは、やがて彼女自身の気持がフランソワへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『悲しみよ こんにちは』 サガン

少女たちはみな悲しい。 語り手の少女は17歳。美男で女好きの父親はやもめで、一回り年下のエルザを情人にしている。語り手が夏休みのいま、三人は海辺の別荘で暮らしている。波に煌めく夏の陽射し、真っ白な砂浜、頬を撫でる潮風。開放的な気分に浸って、彼女に年上の恋人ができる。ちょうど同じ頃、父親は新しい女を別荘に招く。服飾デザイナーのアンヌ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ペスト』 カミュ

春を恨んだりはしない。 アルジェリアの港湾都市オラン。1940年代のある春、さしたる特徴もないこの都市のあちこちで鼠の死骸が目撃されるようになる。その数は日を追って増していく。やがて、体調不良を訴え、病いの床につく市民たちが続々と現れる。原因不明の高熱、嘔吐、リンパ腺の腫脹、黒っぽい斑点――彼らが冒されていたのはペストだった。とう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『孤島』 ジャン・グルニエ

この世の王国。 哲学的エッセイ。著者のジャン・グルニエはアルジェ国立高等学校および大学予科で哲学教授を、パリ大学で美学教授をつとめた人物。本邦ではアルベール・カミュの師として知られているだろう。1930年、グルニエが哲学教授に就任した年に、「肩幅が広く目の鋭い、きりりとした顔つきの少年」が入ってくる。運動神経にすぐれ、国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『言葉』 J-P・サルトル

読む、書く、生きる。 サルトル12歳までの自伝。「読む」と「書く」の二部に分かれている。言葉に魅入られ、物語/文学に自らを賭けようとした少年がやがてそれに幻滅し訣別するまで。 サルトル少年(作中ではプールーという愛称で呼ばれる)は1905年に生まれて間もなく海軍士官の父親を亡くし、母親とともに彼女の実家で暮らすようになる。兄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『嘔吐』 ジャン‐ポール・サルトル

孤独の発明。 新訳で再読。アントワーヌ・ロカンタンは30歳の独身青年で、港町ブーヴィル(架空の町)に滞在して、18世紀の侯爵ロルボンに関する本を書いている。金利収入で暮らしていける一種の高等遊民の彼は、図書館で会う「独学者」と短い会話を交わすか、居酒屋の女主人と情事に耽るほかには人付き合いがなく、執筆に時間をあてている。そんなある…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

『ビリティスの歌』 ピエール・ルイス

夜の女王。 高等中学時代、同年輩のジードやヴァレリーをその絢爛たる才能で圧倒したピエール・ルイスが24歳のときに発表した詩集。彼はこの詩集を、紀元前6世紀のギリシア女流詩人ビリティスの詩の翻訳だと偽って発表した。若くして古代ギリシア詩に関する該博な知識を身につけ、徹底的な研究を積み重ねて当時の詩風を自家薬籠中のものとして臨んだ創作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゴプセック 毬打つ猫の店』 バルザック

欲望の文学。 「ゴプセック」の語り手、代訴人のデルヴィルは若いころ「中庭もない、じめじめと薄暗い」パリのアパルトマンで暮らしていた。隣に住む高利貸のゴプセックは質素な生活をしているものの、実際には世の中を動かせるほどの巨万の富をもっていた。ある日ゴプセックのもとを一人の貴婦人が訪れる。レストー伯爵夫人。彼女は愛人が払えなくなった手…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『パリの憂鬱』 ボードレール

パリ情景。 異なる翻訳で再読。中世の暗い影をとどめたパリは、第二帝政下の1850年代後半から60年にかけて、整然として明るい近代都市へと急速に相貌を変えていく。「19世紀の首都パリ」(ベンヤミン)が、人の心の変化にも増して速やかに移り変わっていくのを目にした『悪の華』の詩人は、「同時代の現実に真っ向から立ち向かい、その急速な生活の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カルメン コロンバ』 メリメ

呪縛。 中篇を2篇収録する。どちらもタイトルになっているヒロインが小説の核になっている。 ビゼーの歌劇原作として名高い「カルメン」。考古学者の語り手はスペインのアンダルシア地方へ調査旅行に出かけた際に山賊ドン・ホセと出会い、獄中の彼から、彼と一人の女の愛憎の物語を聞かされる。由緒ある家に生まれたドン・ホセはもと軍人で、セビリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『青い麦』 コレット

君と夏の終わり。 16歳のフィリップと15歳のヴァンカは幼なじみで、毎年夏になるとそれぞれの両親とともにブルターニュの海辺へやって来る。彼らはまるで兄妹のように親密だった。しかし今年は去年までとどこか違う。フィリップは、少年のようなヴァンカが汚れた格好で向かうエビ取りに同行しても心楽しまず、ヴァンカのほうでもフィリップの何気ない言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チャンドス卿の手紙 アンドレアス』 ホフマンスタール

夢の器。 再読。短篇小説4作と未完の長篇小説「アンドレアス」の完成稿を収録する。このうち「六百七十二夜の物語」「バソンピエール元帥の体験」「アンドレアス」にホフマンスタール文学の特徴が顕著と見る。描かれるのは、夢と現実の境界が消滅して、両者がひとつに溶け合う世界。「現実と夢、生と死、内部と外部、高い世界と低い世界、そういった対立が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ガリレオの生涯』 ブレヒト

科学者の倫理。 17世紀初頭のヴェネツィア。数学者ガリレオはひとつの真理を発見する。これまでは地球が宇宙の中心であり、他の天体は地球の周囲を回っていると思われてきた(天動説)。しかし実際には、地球が太陽の周りを回っている(地動説)。コペルニクスが主張したとおりであり、彼は正しかった。かつては「信仰」が鎮座していたところに、いまでは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ゲオルク・ビューヒナー全集』 ビューヒナー

科学者の文学。 ビューヒナーが短い生涯のうちで著した文学作品4作のほか、政治的文書、詩やエッセーや学校時代の作文、書簡、自然科学論文、関係者によるビューヒナー回想文、小伝を収録する。文学作品に関しては、短篇小説「レンツ」、戯曲「ヴォイツェク」「ダントンの死」の3作を岩波文庫(岩淵達治訳)で読むことができる。残る1作の「レオンスとレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ヴォイツェク ダントンの死 レンツ』 ビューヒナー

狂気の解剖。 再読。1813年にヘッセン大公国の首都ダルムシュタット近郊に生まれ、1837年、チフスのために23歳と4ヶ月で逝去したゲオルク・ビューヒナーの戯曲2篇と短篇小説1篇を収録する。いずれも作品の主人公は実在の人物をモデルにしている。 「レンツ」はビューヒナー唯一の短篇小説で未完。主人公のヤーコプ・ミヒャエル・ライン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『ツァラトゥストラ』 ニーチェ

生の舞踏。 異なる翻訳で再読。1881年、スイスのシルス・マリアに滞在していたニーチェは、シルヴァプラーナ湖畔の森を散策中に「永遠回帰」の啓示を受ける。本作はその告知を主題に据えて執筆された(全4部のうち3部まではどれも10日前後で書き上げたとニーチェは述べているが、これは彼らしい虚言であり実際は推敲が重ねられている)。先に結論を…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ヒュペーリオン』 ヘルダーリン

生の勝利。 新訳で再読。18世紀末のギリシア。ティーナに生まれた青年ヒュペーリオンは、よき師、よき友とめぐり会うが、その両方をわけあって失う。傷心の彼を癒してくれたのはカラウレアの乙女ディオティーマだった。美の理想を体現しているような彼女をヒュペーリオンは崇拝に近い心で愛し、彼女もまた彼の希望に応じる。ちょうどその頃露土戦争が勃発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『チリの地震』 ハインリヒ・フォン・クライスト

反親和力。 再読。短篇小説6篇とエッセイ2篇を収録する。表題作は1647年にチリで発生したサンチャゴ沖地震を背景に、人間の親和の不可能性を暴き出す。互いを想い合う若い男女がいて、けれども親に許されず、彼らの仲は引き裂かれる。人目を忍んで逢瀬を重ねた末に、女は男の子をみごもり、これが市中の醜聞になる。女の家は市でもっとも富裕な貴族だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カフカ寓話集』 池内紀編訳

寓意の問題。 本書には全部で30の短篇が収録されている。このうち比較的有名なのは「巣穴」「断食芸人」「歌姫ヨゼフィーネ、あるいは二十日鼠族」だろうか。「巣穴」は「カフカ的」といわれるような不安が主題の物語で、もぐらもどきか、もぐら人間か、そういう存在が自身の地中生活を述べていく(後段で少し考えてみたい)。「断食芸人」は、いまは廃れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『カフカ短篇集』 池内紀編訳

可笑しなカフカ。 再読。カフカは可笑しい、そのことを教えてくれた池内紀訳のカフカ。管理人にとってカフカ発見の本であり思い出深い。彼の文学の特徴は短篇にこそ顕著だと思う。シュールさ、とぼけ、ユーモア、読者を突き放す展開、核心部分が欠如したような叙述――それらが短い分量に凝縮されてある。ときに意味不明、宙ぶらりんな終わり方に置き去りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『長編小説と散文集』 ローベルト・ヴァルザー

小さき者へ。 「ローベルト・ヴァルザー作品集」の3巻。「ヤーコプ・フォン・グンテン」と「フリッツ・コハーの作文集」の二篇を収録する。 「ヤーコプ・フォン・グンテン」の語り手ヤーコプ少年は「召使い学校」ベンヤメンタ学院の寄宿生だ。学院の生徒たちが学ぶことは少ない。「男子はいかにふるまうべきか」、全授業はこの問題をめぐって繰り返…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

『ヴァルザーの詩と小品』 飯吉光夫編訳

恍惚と不安。 再読。ローベルト・ヴァルザーの詩と散文小品を、彼の兄カールの挿絵付きで紹介する。 ヴァルザーの小説にも登場する兄カール・ヴァルザーとはいかなる人物だったか。彼はローベルトより1年早く、1877年にスイスのビール市に生まれた。年が近いせいもあってローベルトにとってもっとも近しいきょうだいだった。シュトゥットガルト…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more